協会内のエージェント組織と運営

~アスリートオーナー協会内エージェント組織規約~

第1章 総 則
(目   的)
第1条 この規約は、アスリートオーナー協会内エージェント組織及び事業について必要な事項を定め、もって当協会の円滑な運営を図ることを目的とする
関連法規を遵守し、優れた技術、豊富な知識と情報、確かな安全性を消費者に提供し、スポーツ業界全体の発展と向上を目的とする。(名   称)
第2条 この協会は、アスリートオーナー協会内エージェントする(以下、協会とする)。
(事 務 局)
第3条 協会の事務局は、港区R-StartupStudioに置く。
(事   業)
第4条 協会は、会員相互の親睦と経験知識の交流を図るため、次の事業を行う。
(1) 会員相互の親睦と情報交換を図るため、協会HPでの会員情報等の共有
(2) 経営・技術等の向上を図るための希望会員による各セミナー受講および講座運営
(3) 協会広報活動
(4) 講座内容に対する疑問などへの解決サポート
(5) 前各号に付帯する事業

第2章 会 員
(会員資格)
第5条 協会の会員は、協会認定講師の開講する講座を修了した者で協会の規約に賛同した上で登録、ディプロマの発行を受けたもの。
第6条当協会の会員は、他のアスリート団体(協会を含む)への並行加入の際は申告をする。
(退   会)
第7条 ディプロマを発行されたのち、あらかじめその旨の申し入れをしたうえで、脱会する。
協会の解散。会員個人の死亡の際は会員資格は相続の対象とはならない。
(除 籍)
第8条協会の会員に不適合とみなされる講座運営や協会の発行するテキスト等の情報の流出、資格取得後5年以内の他協会設立等があった場合、協会の執行部の決定により除籍とする。明らかな証拠が提示されている場合は事前通告なしに除籍とする場合もある。除籍理由の開示については書面により除籍理由開示の申請を当協会宛に行うものとする。それ以外は除籍勧告ののち弁明の機会を与えなくてはならない。
(開 講)
第9条 会員が協会規定の講座を開講する際は費用は会員の負担により前払いで協会に納める。
実費については会員の負担とする。
(拠出金品の不返還)
第10条すでに納入した経費、その他の拠出金品は、理由のいかんを問わず、返還しない。

第3章 役 員
(執 行 部)
第11条
(1) 協会の執行部は次のとおりである。
1. エージェント組織執行部長1名
2. 副執行部員1名
3. 監事
(選 任)
第12条
(1)エージェント組織執行部長はその定員の範囲内において、執行部長の承認により選任される。
(職 務 等)
第13条
(1) エージェント組織執行部は、執行部のその業務を遂行する。
(2) 副執行部は、執行部を補佐し、執行部長に事故あるとき又は執行部長が欠けたときは、あらかじめ執行部長から指名を受けた副執行部員がその職務を代行する。副執行部員のなかであらかじめ優先順位をつけなければならない。しかし、置かない場合は、その非にあらず
(3) 執行部長は、執行部会を構成し、この規約の定め及び総会又は執行部会の議決に基づき、協会の業務を遂行する。
(4) 監事は、共同して次に掲げる職務を行う。業務遂行や経営の状況を監督すること。
(任 期)
第14条
(1) 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
(2) 補欠のため、又は増員により就任した役員の任期は、それぞれの前任者又は現任者の任期の残存期間とする。
(3) 役員は、辞任又は任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。
(4) 執行部又は監事に欠員が生じたときは、これを補充しなければならない。
(解 任)
第15条
役員が次の各号の一つに該当する場合には、執行部長によりこれを解任することができる。

第4章 会 議
(種 別)
第16条
協会の会議は、役員会および執行部、総会の3種とする。
(総会の構成)
第17条
総会は、会員のみで構成する。
(総会の権限)
第18条
総会は、以下の事項について議決する。
1. 規約の変更
2. 解散及び合併
3. 事業報告及び収支決算
4. 役員及び監事の選任又は解任、職務

この規約は令和1年11月26日より施行される。
以上同意のうえ、協会の登録をする。

Copyright© 一般社団法人アスリートオーナー|Athlete Honor , 2020 All Rights Reserved.